Clothで制服の襟の揺れを表現する - Unityの使い方



Unity -> Cloth -> Clothで制服の襟の揺れを表現する

Clothで制服の襟の揺れを表現する

UnityのClothコンポーネントを使ってセーラー服の襟を揺らしてみます。

体の一部から複製して作った襟にClothコンポーネントをつけるとどうしても崩れてしまいました。




そこで、BlenderでCircleメッシュから襟を新規作成しました。すると、正常にClothコンポーネントが使えるようになりました。
そしてスカートの記事と同様に自動でウェイトを付けた後に、物理演算で揺らしたい部分のウェイトを0にしました。




そして、アニメーションで動かしたい部分はEdit cloth constraintsで固定しました。

Clothの使い方はこちら

コライダーを付けて貫通を防ぐ

背中など襟が当たる部分にコライダーをつけて、Clothコンポーネントにアタッチして、体と襟が衝突できるようにします
Clothを衝突させる

一つのコライダーでは防ぎきれないので、まず上下に2つ付けました。




これでアニメーションさせると、襟がこのコライダーの上に乗って裏返ってしまいます。


コライダーを上に移動させて、コライダーが肩の部分の襟と重なると、襟が下から押されて肩が盛り上がってしまいます。

襟が裏返るのを防ぐ

そこで、襟がひっくり返らないようにもう一つコライダーを付けました。


これは首のボーンの子オブジェクトである空のゲームオブジェクトに追加しました。




これで襟が裏返らなくなりました。


スカートと襟のために6つのコライダーを使っています。

トップページへ


tags: 制服, , セーラー服, , Cloth, 衝突, コライダー, アニメーション