Unityのノーマルマップを反転する方法 - Unityの使い方



Unity -> テクスチャ -> Unityのノーマルマップを反転する方法

Unityのノーマルマップを反転する方法


ベースカラーのレンガのテクスチャ画像からノーマルマップを作ると、モルタルの部分が浮き出てしまったので、この白い部分を凹ませるようにノーマルマップを反転してみます。

レンガのテクスチャをインポートして複製します。

マテリアルをシーン上のCubeにアタッチします。

インスペクタで一方のテクスチャの「Texture Type」を「Normal map」にし、「Create from Grayscale」のチェックを入れて、Applyします。

Bumpiinessで凹凸具合を調節できます。

2つのレンガテクスチャをマテリアルにアタッチします。


ノーマルマップはグレイスケールにしたときに白い部分は盛り上がって黒い部分は凹むので、白いモルタルの部分は浮き出てしまいます。


元々のレンガのテクスチャ画像をPhotoshopで開きます。


Ctrl + i で色を反転して、別名で保存します。


これをUnityでインポートして、ノーマルマップにします。




これをマテリアルの「Normal Map」にすると、凹凸が反転して白い部分が凹みます。

トップページへ


tags: 法線マップ, 反転