Unityで体力ゲージを3D表示する方法 - Unityの使い方



Unity -> UI -> Unityで体力ゲージを3D表示する方法

Unityで体力ゲージを3D表示する方法


敵キャラなどに3D表示の体力ゲージを付けてみます。

UIのImageオブジェクトをシーンに新規作成して、CanvasのRender Modeを「World Space」にすると3D表示になります。


CanvasとImageをAIキャラクターの子オブジェクトにしました。


Canvasのポジションを全て0にします。


Imageのポジションも0にして、シーンを見ながらWidthとHeightを変えて細長くします。


Canvasを真上に持ち上げて、キャラクターの頭上に置きました。


3D表示になっています。


Imageコンポーネントに白い画像を付けて、表示方式を変えます。ゲージの色を変えるためのスクリプトも付けました。

Imageでゲージを作る方法

using System.Collections;
using System.Collections.Generic;
using UnityEngine;
using UnityEngine.UI;

public class ImageScript : MonoBehaviour
{
    Image image;

    // Start is called before the first frame update
    void Start()
    {
        image = GetComponent<Image>();
    }

    // Update is called once per frame
    void Update()
    {
        if (image.fillAmount > 0.5f)
        {
            image.color = Color.green;

        }
        else if (image.fillAmount > 0.2f)
        {

            image.color = new Color(1f, 0.67f, 0f);

        }
        else {

            image.color = Color.red;
        }
    }
}

新しく空のゲームオブジェクトを作って、AIキャラクターに目的地を教えたり、ゲージを増減させたりします。
using System.Collections;
using System.Collections.Generic;
using UnityEngine;
using UnityEngine.AI;
using UnityEngine.UI;


public class GameScript1 : MonoBehaviour
{
    [SerializeField]
    NavMeshAgent agent;
    [SerializeField]
    Transform[] points;
    int n = 1;

    [SerializeField]
    Image image;

    // Start is called before the first frame update
    void Start()
    {
        agent.destination = points[0].position;
    }

    // Update is called once per frame
    void Update()
    {

        // エージェントに目的地を設定
        if (!agent.pathPending && agent.remainingDistance < 0.5f)
        {
            agent.destination = points[n].position;

            n++;
            if (n > 3) n = 0;
        }

        // ゲージを増減
        if (Input.GetMouseButton(0))
        {
            if (image.fillAmount > 0f)
            {
                image.fillAmount -= Time.deltaTime;
            }
            else
            {
                image.fillAmount = 0f;
            }
        }
        else {
            if (image.fillAmount < 1f)
            {
                image.fillAmount += Time.deltaTime;
            }
            else
            {
                image.fillAmount = 1f;
            }           
        }
        

    }
}

これで敵キャラクターの体力ゲージなどをスクリプトで増減できますが、キャラクターに合わせてゲージの向きが変わるとゲージが見にくいです。

常にカメラの方を向かせる

Canvasにスクリプトを付けました。

using System.Collections;
using System.Collections.Generic;
using UnityEngine;

public class RotateCanvas : MonoBehaviour
{
    // Start is called before the first frame update
    void Start()
    {
        
    }

    // Update is called once per frame
    void Update()
    {
        transform.LookAt(Camera.main.transform.position);
    }
}
LootAtメソッドを使って、常にメインカメラの方を向かせます。

ゲージの表がCanvasの正面(Z軸方向)を向いているので、これがカメラを向けば、常にカメラからゲージが見えます。




トップページへ


tags: 体力ゲージ, 回転, ゲージ