Blenderのテクスチャペイントでレイヤーを使う方法 #1 - Unityの使い方



Blender -> テクスチャ -> Blenderのテクスチャペイントでレイヤーを使う方法 #1

Blenderのテクスチャペイントでレイヤーを使う方法 #1

Blender2.8のテクスチャペイントでレイヤーマスクを使ってみました。

まず3つの単色の画像を用意しました。


Blenderのテクスチャペイントモードで、テクスチャスロットにレイヤーマスクとして使う画像を2つ作ります。


+ボタンをクリックして、名前やサイズを設定してOKを押します。


シェーダーエディタで赤、青、緑のテクスチャの色を合成します。


左側では赤と青の画像を合成します。その割合をレイヤーマスク1の色で制御します。

レイヤーマスク1の白い部分には青い画像が表示され、黒い部分には赤い画像が表示されます。
グレーの部分は中間の色になります。

この色と緑の画像が、レイヤーマスク2で設定する割合で合わさります。

このようにして、もっと多くレイヤーを作れると思います。

最後はシェーダーのBase Colorに接続します。

レイヤーマスクに色を塗る

テクスチャペイントモードにして、シェーディングをマテリアルにします。


テクスチャスロットでレイヤーマスク1を選択し、黒色で塗りつぶします。

ツールバーの「Fill」ツールを選んで、メッシュを左クリックすると塗りつぶせます。
すると、緑色の画像がまったく表示されなくなります。

レイヤーマスク2も同様に黒で塗ると、赤い画像だけが表示されます。


ブラシツールに切り替えて、白色で塗ると、塗った部分だけ青い画像の色が表示されます。


レイヤーマスク2を白で塗ると、その上から緑の画像の色が表示されます。

グレーにすると半透明になってその下の色が透けて見えます。

「Smear」ツールなども使えます。


シェーダーエディタで、レイヤーマスクでない画像の「×」ボタンをクリックして、プルダウンメニューや「Open」から他の画像に変更しました。


画像を統合する

レイヤーマスクとUVレイアウトを画像として保存します。




UVレイアウトのサイズはレイヤーマスクと同じにします。


使った画像とUVレイアウトとレイヤーマスクをPhotoshopで開いて、UVレイアウトから順に重ねます。

(UVレイアウト→赤い画像→青い画像→緑の画像の順)

上から2番めのレイヤーを選択して、レイヤーマスクを付けます。


レイヤーマスク1のファイルに切り替えて、全体を選択しコピーします。


元のファイルに戻って、追加したレイヤーマスクをAlt + 左クリックし、白黒表示モードにしてペーストします。


もう一度レイヤーマスクサムネールをAlt + 左クリックして表示を戻し、一番上のレイヤーを非表示にすると2つの画像の色がうまく混ざっているのがわかります。


一番上のレイヤーでは、レイヤーマスク2を使います。

これを.pngファイルとして保存します。

Unityにもっていく

この画像と、CubeをUnityでインポートして、新しいマテリアルを作ります。


画像はマテリアルのBase Mapにアタッチしています。


シーンに配置したCubeにマテリアルをドラッグアンドドロップします。


(Blender)

トップページへ


tags: テクスチャペイント, レイヤー, レイヤーマスク, Photoshop