BlenderのテキストでCubeを掘る - Unityの使い方



Blender -> テキスト -> BlenderのテキストでCubeを掘る

BlenderのテキストでCubeを掘る



こんな風に、テクスチャを貼ったCubeに文字を掘ってみましょう。

まずはデフォルトのCubeを拡大します。



Shift + a でテキストを追加します。





TabキーでEdit Modeにすると、Backspaceで消したり、新しい文字を入力したりできます。



大きさなどを設定するには、右のウィンドウのTextボタンをクリックします。



まず変えるのは、文字の厚み(Extrude)と、文字の大きさ(Size)です。テキスト全体を曲げたいときは、「Text on Curve」を使います。→テキストを曲げる



大きくして厚くしました。



「n」ボタンで Transformウィンドウを出し、テキストを回転して、Cubeの面に合わせましょう。



テキストをCubeにめり込ませます。



テンキーの「1」や「3」で正面(Front)や真横(Right)からの視点に変えてテキストがまっすぐ見えるようにします。(Ctrl + 1でBack、Ctrl + 3でLeftに変わります。)



よくみると、少しだけ角度が付いていますね。全体を1つの方向から見るためにはテンキーの「5」を押して、Orthographic Viewsに切り替えます。左上に白い文字で「Front Ortho」などと書かれています。「5」を押すと、いつもの「Perspective」と「Orthographic」の間で切り替わります。



再度、テキストの大きさや位置を調節しましょう。
BevelのDepthを0以外にすると、テキストの角が取れて良い感じですが、今回の操作では、形が複雑になると失敗しやすいので、必ず0にしましょう。



ところで、テキストはCubeなどのオブジェクトとは別の特別なオブジェクトです。CubeやSphereなどの普通の形のオブジェクトは、頂点の網の目構造をしているので「メッシュ(Mesh)」と呼ばれます。次の操作の前に、テキストをCubeなどと同じMeshに変換しておかなければいけません。

テキストの設定が決まれば、オブジェクトモードでテキストを選択して、Alt + c でから、「Mesh from Curve/Meta/Surf/Text」をクリックして、テキストをMeshにします。

Boolean Modifierを使う

次に、レンチのボタンから、Booleanを選びます。



Boolean Modifierでは、ほかのオブジェクトをつかって、オブジェクトを変形できます。



変形されるオブジェクト(Cube)にBoolean Modifierを追加して、「Object」で、変形に使うオブジェクト(Sphere)を選びます。



Operation で Intersectを選ぶと、2つのオブジェクトの重なっている部分だけがのこります。



Unionを選ぶと足されます。



Differenceを選ぶと引かれます。



今回はDifferenceを使います。オブジェクトモードで大きなCubeを右クリックで選択し、Boolean Modifierを追加します。
そして、ObjectでTextを選択します。TextがMeshになっていないとここに表示されません。



OperationをDifferenceにし、Applyをクリックします。



テキストを削除すると、テキストの形の穴の開いたCubeが残ります。



前へ← →次へ

トップページへ


tags: Boolean